ご挨拶

日本農業の歴史はアメリカ、ヨーロッパと変わらず、蓄力から始まり日本経済が高度成長するにつれ、農業国との農法に違いが出始め、差が広がりました。 それは降水量と面積の違いから生まれたものだと思われます。 現在、日本農業は遅ればせながら少しずつグローバル化が始まっております。 それにより、近年の農業改革で高能率、低コストで理想的な播種床を造成する欧米型の機械が求められています。 しかし、せっかくの新しい機械を使うのにあたり、正しい知識で使っていなければ機械の最大の性能を発揮することが出来ません。 従来の日本型農業から脱却し、日本農業がグローバル化へと向かう一助となりたい、石村鉄工はそう考えています。